司法書士 / 行政書士 名古屋中央リーガルオフィス

遺言/ 相続/ 会社登記/ 不動産登記など法務の事ならお気軽にご相談下さい。

052-565-8017

お問い合わせ時間 平日 9:00 - 18:00

名古屋中央リーガルオフィスブログ〜blog〜

2013年10月22日外字入力について

登記申請書や相続図を作成する際に、住所や氏名で非常に珍しい字を見かけることがあります。

オンラインでの登記申請で外字を入力する際は、パソコンに保存しておいた文字画像を登記申請情報に添付して行います。

パソコンの文字一覧に入っていないものは、外字エディタで作成するのが一般的かと思います。

 

私は、法務省の戸籍統一文字情報を利用しています。パソコンに入っているアプリケーションソフトの「ペイント」と合わせて使うと大変時間が短縮されますので、同じようにされている方も多いのではないでしょうか。

 まず、戸籍統一文字情報を開き、目的の文字があったら、alt+プリントスクリーンで、その文字画像を取り込みます。これを同時に開いていた「ペイント」に貼り付けます。

 次に「ペイント」に移って、ここでトリミングの機能を使って切り取る範囲を決定し、ctrl+xで必要な部分を切り取り、「ペイント」の戻るボタンでペイントの画面を最初に戻します。

 最後に名前を付けて保存するだけです。例えば、次の文字は(「官」の外字)として保存します。

官

 

  戸籍統一文字情報を見ていて見つけた字です。

 言われないと「官」の外字だとは分からないですね。

 

 なお、保存する際のファイルの種類は、データが重くならないようにモノクロビットマップを選択します。

以上です。

S

 

 

ページトップへ